どうして室温28度なのかと思っていました。そうしたら・・・。

夏が間近に迫り、「クールビズ」の掛け声のもと、室温28度に設定する職場もすでに多いと思います。
しかし今日ネットの記事を読んでいたら、この室温28度に設定というのはどうやらあまり根拠のないものであることがわかりました。
何でも、事務所衛生基準規則なるものがあり、そこで「室温上限の28度」と決められていることが根拠らしいのですが、なぜ上限を取らなければいけないのかよくわかりません。
さらに記事を読むと、先日とあるテレビ番組で、ある政治家が「科学的知見によって決められているものではない」との発言もあったということで、なんだかよくわからなくなってしまいました。
要するに誰も「どうして28度なのか」具体的な理由がわからないままクールビズがスタートしたということらしいのですが、こんなよくわからないものを律儀に守らなければいけない各職場の皆様は、本当に大変だと思います。
私もかつてフルタイムで働いていましたが、室温28度に設定された職場内で少し動き回ったりすると、すぐ体が汗ばんだものでした。
当然ながら職場にはたくさんの人がおり、またパソコンから放出される熱もあるので、いつも30度は超えていたのではないかと思います。
しかしエアコンの温度を下げようということにはなかなかならず、首に保冷剤を巻いたり、その他のひんやりグッズを買い込んだりして凌いでいました・・・今思うと、涙ぐましい努力です。
女性の私でさえこうなのだから、女性より体温の高い男性はもっと大変だったのではないかと思いますが、皆さん我慢していました。
どこの職場でもそうだと思いますが、容易に室温の上がる環境で28度の設定というのは、無茶なんだと思います。
暑すぎて頭がぼうっとした状態で仕事をすることのないよう、臨機応変に室温を下げるよう、政府から各職場に通達しても良いのではないかと思いました。

名古屋市にある、美味しい、飲食店を紹介します。

名古屋市にある、美味しい、飲食店を紹介します。
名古屋市中区にある、すゞ家(すずや)というお店は、落ち着いた雰囲気の洋食のお店です。
お店は、一階がテーブル席、2階には、座敷席があり、一人でもグループでも楽しめるお店だと
思います。
お店の前にある、市場で新鮮な食材を仕入れ、その食材をお店で、提供しているそうです。
味噌ロースカツ定食(1575円ほどだったと思います。)は、生パン粉を薄付きにして大豆油で
サクッと揚げているそうで、ころもは、サクサクしており、美味しかったです。
また、味噌ダレは、ゴマが入っており、風味が良く、干し柿などで、甘みがつけられているそうで、
優しい甘みもあり、ジューシーなカツの旨みと良く合い美味しかったです。
使用される、肉は、三元豚のロースが使用されているそうです。
また、脂っこくないさっぱり感もあり、後口も良かったです。
その他、カニクリームコロッケや、ヒレカツ海老フライ盛合せ定食などあり、色々な味が楽しめる
お店だと思います。ミュゼ カウンセリング 契約 未成年