どうしても暗いイメージが抜けない東京五輪のロゴ

あのすったもんだの末にようやく決まった東京五輪のロゴを見る度にいつも暗いイメージが先行してしまいます。ですからまるで何かよくない出来事の起こることを暗示しているかのように思えたりするのですが、なんでもオカルト的に考えてしまいがちな私の感想だとは言え何もないことを祈りたいものです。
私にはあのデザインはタオルや暖簾とかの柄のイメージにしか思えませんが。しかもとっても地味な。
ですからはっきり言ってもっと五輪らしいゴージャス感あふれるものに決めて欲しかったと今更言っても仕方ないですがそんな気がします。
なにかあまりにも復興を意識し過ぎているとしか思えないようなあの地味さ加減は何とかならないものなでしょうか。
コピペ問題に重点が置かれ過ぎたせいかエネルギーとかパワーとかが相当割愛されてしまったかのような感じは否めません。
それはもう少し明るいロゴにさえしてれば解決出来たのではないかとも思えるので惜しいし、いくら決まったロゴとは言え五輪が終わるまで、そして終わった後もそれで我慢するしかないと思うと本当に残念だという2文字しか思い浮かびません。