今ビッグイベントのダークホースながら輝かしく散ったウェールズリーダー

1958カテゴリーに開催された1958カテゴリーのワールドカップ、スウェーデンフェスティバル以降、なんだか58カテゴリー風と繋がるインターナショナルフェスティバルの参列となったウェールズ社長、こういうチームが今フェスティバルとりわけ感化を記したチームと言っても過言ではありません。
イングランド社長には敗れたものの、集まりリーグを2勝1敗のまっすぐ首位ルート、別に準々決勝のベルギー戦、優勝選択で有利と言われていた相手に堂々と自分達のサッカーを展開し、3対1というスコアで勝利したのは最大の佳境となったと思います。
国々最高の選手の単独とまぶたされるベイルと共にチームを支え、1目標4サービスの奮闘を見せていたラムジーの参列停車もあってかポルトガル社長との準決勝では奮闘むなしく2対1で敗れてしまいましたが、敗色濃厚となったプレイ終了間際までくれぐれも諦めず、じっと目標を狙ったベイルの着こなしが質感に残りました。
この大会、毎プレイエラいプレイを展開したウェールズ社長こそ誇らしい弱者であると思います。
次は60カテゴリー風と達する次回のワールドカップでその晴れ姿を見てみたいものです。

逮捕されたってニュースをよく見るけど。。

昨年は嫌というほどに麻薬で芸能人が逮捕されたってニュースをよく見るけど私たちからしたら無縁の世界である。だっていざ、買い方も分からないし。どこでどうやったらそういうことにでくわすのだろうか!?まぁ別に買う必要もないけれども。万が一に買いたいと思ったとしてもコンビニやスーパーに売っているわけじゃないし。どうやったってやりようがないよ。でくわさない。だから、やってる人って異常な世界に住んでいるのだと思う。俺たちは、そういうきっかけに出会う事も知る事もないんですから。それと薬に頼らなければいけないほどの何かがあるのだろうが、それって打ち勝てないものだろうか。ふざけるな!ただ単に甘えじゃないのか!辛い事って人生はいっぱいありますよ。それで辛いから麻薬をやりましたって、そんな甘えは通用しませんよ。冗談じゃないよ。私たちは低所得で頑張っている。嫌な事は毎日ある。重圧もある。嫌な上司に怒られてそれでも毎日頑張っている。でも麻薬なんて絶対にしない。やったら人間じゃないぜ。そんな事で人生を棒に振るな、と思う。