中生代のことと新生代について勉学しました

中生代などについて学校しました。ジュラ紀から白亜紀にかけてはマントル以下のプルームの努力が活発化し、外側でのプレートのムーブメント進度も短くなりました。海嶺や島弧の火山からは大量の二酸化炭素が射出され、二酸化炭素濃度の高い時間が長く続きました。また顕実況お代の中ではとりわけ安定した、温暖な日和の年でもありました。海水セミは激しく、動物の収穫が増大して地層中に大量の有機物が埋蔵され石油の母となりました。次は、新生代についてだ。新生代(6600万時期事前〜いま)は、古第三紀・新第三紀そして第四紀に分けられます。古第三紀の当初は、中生代からの穏やかな日和が続いた年だ。中生代から新生代への動物界の異変も極めて激しいものがありました。陸上のアニマルでは恐竜にかわって哺乳類が健闘し、古第三紀の初めには現在の哺乳類のほとんどの等級の先祖が出現しました。このようなことを覚えましたが、知らなかったことがあったので知れて良かったです。