中性脂肪と肝臓・腎臓の奥深い関わり・サラサラ血

あなたの血管、軟弱さは大丈夫ですか?血管の退化を早める大きな元凶が血の変色、怖いのは変色が気づかないうちに進行し、健康を傷めて行くことです。
血の変色が血管を傷つけ血管の退化を早めます。
人間の血管は二十歳を過ぎると退化が始まります。血管は年齢とともに張りが低下し軟弱さを失っていきます。その進度を速め実年齢以上に血管を退化させ、健康にダメージを与えるのが血の変色だ。血は血管を通って健康に栄養素や酸素を送り、老廃物を回収するなどの作用を担ってある。きれいな血が、サラサラ流れていると、細胞はみずみずしくなり、入れ替わりが育生され、健康は健やかに保たれます。
しかし、血が汚れると、血管は傷み、失調が体の中で複合類に起こります。変色が、慢性化すると、ポッチャリや糖尿病、高血圧、動脈硬直などのライフサイクル病を弾き出す大きな原因となります。コレステロールは細胞膜の項目として、またホルモンを仕掛けるために欠かせない鍵物質ですが、食材からコレステロールを過剰摂取してしまいますと血管を損じる悪者化してしある。悪玉コレステロールはドロドロの粥状の集まりをつくり血管を小さくし傷つけます。養分の摂り過ぎは肝臓を疲れさせる
肝臓は、腸から吸収された栄養素を全身で利用しやすいかたちに変えたり、余分な栄養素を中性脂肪として蓄えたりし、休日なく加療を行なう。

どこまでできる?テレビを見ながら頭脳労働

今日も楽しく、テレビを見ながらネットしてます。
この「テレビを見ながらネット」って、私の周りで物議を醸しています。
「できる」という人と「できない」という人がいます。

また「できる」という人も「どこまでできるか」で意見が分かれます。
私のご近所さんは、ネットサーフィンまではできるそうです。
テレビを見ながら、何か文章作成は難しいそうです。

私は、日記やブログ程度の文章作成まではできます。
論文執筆までは、ちょっと難しい気がします。
余談ですが、私は在宅ワークのデータ入力作業もテレビを見ながらできます。
むしろテレビを見ながらのほうが、はかどる場合も多いです。
テレビを見ているほうが楽しいので、なんか作業がテンポよく進む感じです。

これがね、人によっては理解不能だそうです。
私の実家の母も、理解不能と言います。
テレビ見ながらデータ入力なんか、絶対にできないそうです。
えー、なんでー?

ちなみに私の知人のご近所さんは、テレビを見ながら論文執筆もできるそうです。
その方は学生さんだそうですが、すごい器用な方だそうです。
テレビ見ながら勉強できるって、うらやましいー!
しかも、そういう人に限って優秀な人が多いんですよね。
うらやましい限りです。ミュゼ 100円