アンドレを主役においた『外伝 ベルサイユのばら』

2009年に宝塚歌劇団宙組で上演された宝塚ロマン『外伝 ベルサイユのばら −アンドレ編−』。中日劇場で上演されました。2008年から上演された外伝シリーズ(ジェローデル編、アラン編、ベルナール編)に続く外伝作品でした。
男装の麗人オスカルに秘かに思いを寄せるアンドレをトップスターの大和悠河さんが、女でありながら男として育てられたオスカルを早霧せいなさんと凪七瑠海さんが役替わりで演じました。トップ娘役陽月華さんは、アンドレを子供の頃に結婚の約束をし、アンドレに会うためにプロバンスの田舎からベルサイユへとやってくるマリーズを演じました。
アンドレの左目に傷を負わせる貴族の屋敷ばかりを狙う”黒い騎士”を呼ばれるベルナールを凪七さんと早霧さんが役替わりで演じました。
オスカルが隊長を務める衛兵隊の荒くれ者アランには北翔海莉さんが、オスカルが恋しく思っている王妃マリー・アントワネットの恋人であるフェルゼン伯爵には悠未ひろさんが選ばれました。脱毛ラボ 悪い口コミ